センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

ブログで息抜き、どうですか?

服のシミを誤魔化す最終手段!?紅茶染めに挑戦してみた

シミ 紅茶染め してみた 金欠

スポンサーリンク

こんにちは。いかんせん手元不如意なみちです。

 

先日大変な事件が起きました。

そう、白トレーナーに紅茶を零してしまったのです。

何たる大失態。僕がお屋敷の召使いなら即刻クビです。

 

幸運なことにお屋敷の召使いではなかったのでクビは免れましたが、服のローテーションが少ない苦学生にとっては一大事です。

このシミを何とかしたい...そうだ!木を隠すなら森の中!

ということで、今回は服の紅茶染めに挑戦したいと思います。

 

 ・目次

 

用意するもの

・染める服       適宜

・紅茶のティーパック  適宜(今回は4パック)

・塩          大さじ1程度

・鍋(服が入るサイズ) 1つ

・水          服が浸る量より少し多め

 どれもご家庭で用意できるものですね。

それではやっていきましょう!

 

手順

①下準備

今回染めるものはこちらのトレーナーになります。

腹部あたりに紅茶のシミが!!

f:id:michimasagoroshi:20170124134901j:image

 

漂白剤も使ってみたんです。しかし手遅れだったみたいです。

f:id:michimasagoroshi:20170124134929j:image

 

生地の組成表示です。

染めたい本体部分の組成はポリエステル75%綿25%

綿の比率が高いほど染まりやすく、化学繊維の部分は染まりにくいらしいです。

しかしそんなの気にしていられません。もう後には引けないのです。

f:id:michimasagoroshi:20170124134949j:image

 

②紅茶を煮出す

大きめの鍋にお湯を沸かします。

f:id:michimasagoroshi:20170124135047j:image

 

紅茶を煮出していきます。

長く煮すぎると渋みが気になっちゃう(><)という方。

安心してください。今回は飲みません。

f:id:michimasagoroshi:20170124135120j:image

 

程よい色になったらティーパックを取り出し一旦火をとめます。

ここで大さじ一杯の塩を投入。

仕上がりはこの段階より少し薄い色になるので、それを踏まえて微調整します。

f:id:michimasagoroshi:20170124135137j:image

 

③生地を馴染ませる

別で用意したお湯などをかけ、生地をもんで馴染ませます。

こうすることで染め上がりのムラがなくなります

f:id:michimasagoroshi:20170124135200j:image

 

④投入

先ほどの鍋に服を投入します。

ここから弱火で20分程度煮ていきます。

焦げ付かないように、またムラができないように箸などで混ぜたりほぐしたりしましょう。

f:id:michimasagoroshi:20170124135252j:image

 

なんか美味しそうに見えてきた...おでんみたい...

パクッ

う~ん、紅茶と塩の味!!!

f:id:michimasagoroshi:20170124135235j:image

※絶対にマネしないでください

 

⑤水ですすぐ

鍋から服を取り出し、色が出なくなるまで水ですすぎます。

f:id:michimasagoroshi:20170124135308j:image

 

どうでもいいけどド〇クエのドロヌーバみたいですね。

 

f:id:michimasagoroshi:20170125133255j:plain

⑥洗濯・乾燥

48分間洗濯して乾燥すれば完成です。

48分が長く感じられますね。

ちなみにたまたまうちの洗濯が48分なだけなので48分ではなくて結構です

f:id:michimasagoroshi:20170124135343j:image

 

⑦完成

どうでしょうかこの仕上がり!

照明の加減であまり色が変わらないように見えますが、くすんだ白に染まっています。

f:id:michimasagoroshi:20170124135402j:image

 

シミも気にならなくなりました!

f:id:michimasagoroshi:20170124135413j:image

 

比較するとこのような感じです。

自然な風合いですね!

f:id:michimasagoroshi:20170125133935j:image

 

まとめ

最後の手段と思ってやった紅茶染めでしたが、意外と上手にできました!

皆さんも着なくなった服や、漂白剤でもどうにもならないシミの服などで試してみてはいかがでしょうか。

また、街中で意気揚々とこのトレーナーを着ている人を見たら話しかけてみてください。それはまぎれもない僕です。素敵なウインクをプレゼントします

それではまた!

広告を非表示にする