センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

ブログで息抜き、どうですか?

インカレサークルの新歓に潜り込んでみた

新生活が始まりはや数週間。新歓の時期ですね。

 

 f:id:michimasagoroshi:20170501192342j:plain

 

街で楽しそうにワイワイギャーギャー群れて騒いでいるサークルの人たちを見ると、羨ましく鬱陶しく感じますよね。

そこで世の中のサークル未所属勢を勝手に代表して、あるサークルに乗り込んできました。

 

果たして偏屈と卑屈だけを身に纏い大学4年生となった僕が溶け込めるのか。

会話や外見でバレないのか。よく知らない新歓の実態はどうなっているのか。

 

乞うご期待です。

 

 

準備

適当なインカレサークルをTwitterにて発見し、早速申し込みます。

SNSで募集しているだけあって、快く参加を了承してくれました。

胸の高鳴りが止まりません。これが新歓・・・!

 

 

設定

さすがにパリピと若者の巣窟インカレサークルに一人で乗り込む度胸はない僕は、友人を誘い二人で行くことに。

色々ボロが出るとまずいので、集合の一時間前に僕たちのユートピア富士そば)に集合し打ち合わせをします。

 

ある程度の設定(所属大学や出身)を決めたところで衝撃の発見。

 

なんと友人、カバンを持ってきていないのです。

手ぶらのカジュアルスタイルは完全なる大学慣れの発露。しかし今から家に取りに帰る暇もありません。

 

仕方ないので指摘されたら「電車でカバンをなくした」という設定で行くことに。

バンをなくして新歓に参加する心の余裕があるのもおかしい気がしますが、パリピなら多分参加するので大丈夫でしょう。

 

 

集合

サークルに指定された場所に向かうと、そこにはたくさんのサークルの新歓が。

手書きでサークル名が書かれた段ボールが至る所で挙がっています。

 

そこには、

「わー新歓の時期じゃんなつかしー」

と昔(たぶん2、3年前)に思いを馳せるケバめの女子大生や、

「○○の新歓ここでーす!」

と叫ぶサークルの中心人物的な人、

まだ慣れていないのか辺りをキョロキョロしている新一年生や、

もう慣れたはずなのに辺りをキョロキョロしながらド緊張している僕たち(22歳二人)がいました。

サークルこええ。もう帰りたい。

 

しかし僕たちの秘密基地(富士そば)に長居しすぎてすでに五分遅刻していたため勇気を出して乗り込むことに。

 

 

「すいませーん、Twitterで連絡した○○ですけど」

「あー○○くんね。おっけーです、その辺で待ってて」

 

と点呼だけして放り出されました。これだけ?あれ?僕たち歓迎されるべき一年生では?

 

その後三十分ほど放置され居酒屋へ移動が始まりました。

放置の時間は予約までの待ち時間だったようです。

まあいいでしょう。ここからが僕の腕の見せ所です。

 

 

居酒屋にて

テーブルの憂鬱

「適当に席に座ってー」とサークルの2年生らしき人に促され席に座ると、6人テーブルだったのですが6人中6人が一年生。(うち二人は22歳☆)

 

テーブルの全員が「先輩たちなんか配慮はないの?」と思ったことでしょう。

まさかの一年による一年のための新入生歓迎会が始まりました。

 

どんなサークルなのかも知らず、ましてや大学生のノリすらわかりません。

とりあえず適当に自己紹介を済ませ、飲み物を頼むことに。

 

ドリンクの苦難

ピッチャーで一テーブル一つの飲み物を注文するシステムだったため、多数決で決めることに。

 

ここでジェネレーションギャップ・ポイントがありました。

当たり前ですが一年生たちはみんな未成年なのです。

 

女の子が3人いたため、カシスオレンジとかかな?と思っているとみんな迷わずソフトドリンクの欄を見ていました。

普通新一年生だと無理してお酒を飲みたがるだろう年頃なのに、なんと素直な子たちだろうと少し涙が出そうになりました。

 

結局僕のハーブティというオシャレな提案は一蹴されジンジャーエールを頼むことになりました。

 

イカれたメンバー構成

ここでテーブルのメンバーを紹介したいと思います。

 

向かいに女の子3人、左からA子ちゃん、B美ちゃん、C江ちゃん。(テキトーです)

そして僕たち側、左からりゅうのすけ(仮名)、僕、友人の並びでした。

 

A子、B美、C江は大学で知り合った友達で、知り合って数日。

お互いの腹を探りあっている状態といったところでしょうか。

 

りゅうのすけはソロ参加という強気ながらも心優しき少年。僕が一年生ということを疑いもせず話しかけてきてくれました。いい子です。

 

まずはこのパーティで楽しく話しながら飯をつつきます。

 

一年生たちはあまり自分から話し始めないため、一年生とは思えぬ落ち着き具合の僕と友人で話題を振りつつ場を盛り上げていくことに。

 

 

微々たるものですが、22年で培ってきた気配りとトークスキルで何とか頑張りました。

「なんで一年生の僕たちが主催者みたいな気持ちになってたの?」と気づいたのはもっと後のことです。

 

若すぎるゆえの過ち

ここでそのテーブルで僕が気になったことを紹介したいと思います。

 

  • 女子大生、自分の大学のクラスの話しすぎ

女の子たちに同じクラスのゆいちゃんが男っぽくてすらっとしててカッコいいという話を体感時間でいうと3ヶ月くらい聞かされてました。

ゆいちゃん誰なん。せめて写真見せて。

 

 

  • りゅうのすけ、お酒飲みたがりすぎ

「せっかくだしお酒飲みてー」みたいなことをずっと言ってました。

言うだけで頼まないところがかわいいところです。

 

 

  • ツボが変すぎ

A子ちゃんが間違ってB美ちゃんのおしぼりを使ったことでものすごくツボっていました。

何もわからない笑いどころに僕と友人は固まるばかり。

そんな事で笑えるならもっと僕たちのトークで笑えたのでは?と正直ヘコみました。おしぼり爆笑女すら笑わせられない腕。くやしい。

 

 

  • 新一年生、米津玄師好きすぎ

こ、これがジェネレーションギャップ・・・。

みなさんも新歓に潜る前は米津玄師を聴きこんでいきましょう。

 

 

  • C江、終始スマホばかりイジすぎ

これだけは本当にやめた方がいいと思いました。

いくら話がどうでもよくても聞く姿勢だけは見せるべき。

しかもめちゃくちゃ可愛いとかならまだいいんです。

C江はドラクエで例えるとスモールグールみたいな感じでした。愛想の良いスモールグールならまだしも、人の話を聞かずスマホをイジるスモールグールはさすがにメラミ撃たれても仕方ないです。

 

 

  • りゅうのすけ、C江の名前覚えなさすぎ

りゅうのすけ「俺みんなの名前覚えたよ!

A子、B美、・・・、(僕の名前)、(友人の名前)ね!」

 

ほらC江スマホばっかいじってるから!!

 

 

  • サークルの代表、大人っぽすぎ

途中で一度だけサークルの代表がテーブルに来てサークルの概要を説明してくれました。

代表、3年生らしいですが大人っぽ過ぎる。

一瞬自分たちが本当に一年生なのではないかと錯覚するくらいしっかりしていました。さすが代表。

自分は本当にこの人より年上なのだろうか。そればかり考えていたので内容はあまり覚えていませんが、「どこがオールラウンドサークル?」と思うくらい活動内容は飲み会ばっかりでした。やっぱりサークルこわい。

 

 

終焉の鐘

終始そんな調子で新歓の時間は過ぎていきました。

正直さすがに途中で席替えがあるだろうと思っていましたが、そんなことはなく、ただ終わりの時間を迎えました。

 

「何も歓迎されてなくね?」とは思いましたが、その後の二次会に行く体力はすでになく、僕と友人は帰宅することにしました。

 

 

帰宅後

連絡先を交換して解散したため、帰宅後にサークルの人たちからラインの招待やTwitterのフォローがきました。

その中で代表からもフォローが。

 

プロフィールを確認すると、まさかの僕たちと同大学同学部同学科。

つまりは僕たちの直属の後輩でした。

 

絶望する友人。

そう、悲しいことに友人は単位を落としすぎて、4年生ながら3年生の講義を受けなければならないのです。

 

会えば確実にバレます。会ったら一体どうなるでしょうか。

そんな友人をあざ笑いつつ、一応同大学なのでキャンパス内では周りに気を付けようと思う僕でした。

 

嘘はくれぐれもやめましょう!

ちょっと変わったおすすめプレゼント・主婦編

こんにちは。みちです。

皆さんはプレゼント選びに困ることってありませんか?

 

f:id:michimasagoroshi:20170409172359j:plain

 

僕は度々あります。

 

あまり普通すぎるプレゼントでもつまらない、なんてことを考え出すとなかなか決まりませんよね。

 

ということで今回の記事は少しターゲットを絞りますが、主婦がもらって喜ぶ少し変わったプレゼントについて書いてみようと思います。

 

かといって若輩者かつ主婦とは程遠い生活を送る僕が考えただけでは何の参考にもなりません。
そこで今回は僕が主婦(叔母・40代・けっこうステキ)に実際に聞いたものをまとめたいと思います。

 

主婦を喜ばせたいあなたは必見です。

 

 ・目次

  • 家族で楽しめる!飲み比べコーヒー
  • また比べ系!?食べ比べドレッシング
  • わりと定番!?アロマオイル
  • 今宵の貴方はシンデレラ!ホストクラブはとバスツアー
  • まとめ

 

続きを読む

100均でこんなに快適に!旅行に役立つ便利グッズを紹介

こんにちは。旅行の余韻が抜けないみちです。

 

今回は旅行を便利にするグッズを紹介していきたいと思います。

 

f:id:michimasagoroshi:20170406142103j:plain

 

便利グッズといってもただの便利グッズではありません。

特別に今回はお金がない方でも用意できるよう100円均一で揃えてみました。

 

決して僕にお金がないからというわけではありません。決して。

 

おススメ度とコメントも一緒につけていくのでよかったら参考にしてみてください。

それではどうぞ!

 

 ・目次

  • 荷物を少なく!?コンタクトケース
  • 移動中を快適に!エア枕
  • 衣類をコンパクトに!圧縮袋
  • 家の落ち着きを旅先で。シャンプーボトル
  • どうやって使うの?バースデーメガネ
  • まとめ

 

続きを読む

ネットカフェの個室に二人で入れるのか?検証してみた

こんにちは。みちです。

 

前回の記事でいかに旅費を安くできるかのお話をしましたが、今回は実践編です。

前回の記事はこちら。

 

michimasa2886.hateblo.jp

 

ネットカフェに一人で入るだけだと経験がある方も多いかと思われます。

そこで今回は二人で入ることができるのか検証してみました。

 

f:id:michimasagoroshi:20170323192240p:plain

 

 ・目次

 

 

結論

結論から言うと、入れます

 

ほとんどのネットカフェにはペアシートといった席が用意されています。

一人用の席とほとんど同じですが、約二倍のスペースが用意されています。

 

カップルなどで利用される方には安心ですね。

 

 

料金

料金は普通のシートと変わらないことが殆どです。

オープン二人席だとオープン席の二人分の料金、個室二人席だと個室席の二人分の料金、といった形です。

 

 

メリット

コミュニケーションが取りやすい

プライベートな空間のため、二人で別々の個室に入るとどうしても行き来がしづらくなります。

その点同じ部屋に入るとコミュニケーションが容易です。

 

安心できる

カップルで宿泊目的で利用する際は、お互い不安ですよね。

ペアシートだとそういった不安は少なくなります

 

 

注意点

事前に席の確認を

ペアシートが用意されていない店舗もあります。

また、席数も少ないため埋まっていることも多いです。

 

あらかじめ電話で確認しておくと安心でしょう。

直前だと席を確保してくれる店舗もあるようです。

 

声や音は漏れる

ネットカフェを利用する方にとっては当然ですが、部屋の音漏れはあります。

ひょっとすると他のお客さんの物音が気になる、なんてこともあるかもしれません。

 

また、おしゃべりや騒音となる行為、ソーラン節等は控えましょう。

他のお客さんの迷惑となります。

 

パソコンが一つのことも

店にもよりますが、一つの個室につきパソコンが一台の店舗もあります。

あらかじめホームページや電話で確認しておくとよいでしょう。

 

 

まとめ

価格も安く、利用法によっては便利なネットカフェ。

わりと快適なので二人で利用してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに僕は友人と行きました。

彼女と行きたいだけの人生でした。さようなら。

お金がない大学生へ。旅費を安くするコツ!

こんにちは。金欠だけど旅行好きのみちです。

 

旅行はいつ行っても楽しいものですね。

特に学生のうちの旅行は貴重であり良い思い出になります。

 

f:id:michimasagoroshi:20170314112514j:plain

 

しかし学生には何といってもお金がありません。

 

そこで今回は学生ならではの旅費節約術を大公開したいと思います。

お金がない社会人の皆さんも必見ですよ。

 

 ・目次

  • 交通費を安くする
  • 宿代を安くする
    • ネットカフェ
    • カラオケ
    • 友人宅
    • 野宿
  • まとめ

 

続きを読む

帰省あるある Kisei Aru Aru

地元からこんにちは。みちです。

 

f:id:michimasagoroshi:20170221230403j:plain

 

いつ帰省しても地元っていいものですよね。

今回は帰省あるあるを紹介したいと思います。

 

 

おふくろの味に感動する

帰省の一番のメリットと言っても過言じゃないです。

都会の一人暮らしでいつの間にか忘れていた味。

 

この味で育ってきたのでまずいはずはありません。

 

恐らくどこの家にも名物料理があると思います。

各家庭特色があって面白いですよね。

ちなみにうちはほうれん草の胡麻和えです。甘くて世界で一番おいしいと思ってます。

 

 

家事からの解放

実家で暮らしていたころは当たり前のようにやってもらっていた家事。

洗濯、掃除、炊事、風呂焚きなどです。

 

一人暮らしをしてみるとその大変さ、そして母の偉大さがわかりますよね。

 

しかし実家に帰れば話は別です。

みんなの家事をまとめてやってくれる母の愛がそこにはあります。

 

たまには手伝って感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれませんね。

 

 

アルバムをめくるのが楽しい

簡単にあの頃に帰る方法、それがアルバムです。

 

生まれたばかりで一番ちやほやされていた時代や、幼稚園入園や小学校入学などの節目、中学高校での卒業旅行の写真など、振り返ってみるとやはり楽しいものです。

今こいつは何してるんだろう、とか考えてみるのも良いです。

 

久しぶりに昔の知人と連絡を取りたくなりますね。

 

 

自分の部屋が物置になってる

なんということでしょう。

あれだけ生活感があった部屋が、物置と化しているではありませんか。

 

使ってなかったから仕方ないんですけどね。

なんかやっぱり切ないものです。

 

 

だいたい町にコンビニが増えてる

コンビニの繁殖力(?)は目を見張るものがありますよね。

 

えっここにも?といったところにコンビニができていたりします。

元々何があったか思い出せなくなっていきますよね。

 

跡地の思い出を忘れていってしまい少し寂しいですが、アイスがおいしいのでいいです。便利。

 

 

だいたい大型ショッピング施設で知人と会う

田舎で近所に大型複合商業施設(イ〇ンなど)が一つあると、だいたいみんなそこに集まりますよね。
いくつになっても地元に帰るとそこに行くものです。

 

中学生くらいの時は家族といるところを友達に見られると恥ずかしかったものですよね。
友達の姿を見るや否やちょっと離れて歩いたりとか。

 

 

だいたい樹木にカブトムシついてる

道端や空き地などに植えてある樹木にはほとんどカブトムシがついていますよね。

よくカブトムシをとって戦わせたりしたものです。

 

f:id:michimasagoroshi:20170221230210j:plain

 

あっ、これ帰省あるあるの中に混じった巧妙な帰省ないないですね。

こんなことはだいたいないです。

 

 

 

まとめ

長いこと帰省していないと、実家が恋しくなりますよね。

考えてみてください。人生のうちにあと何回帰省できるでしょうか。

 

時間を見つけて帰省してみてください。

きっと思い出やいろんなものが待っているはずです。

 

絶対に儲かる方法を検証してみた【バカラ・オンラインカジノ】

こんにちは。うまい話に敏感なみちです。

 

先日友人が先輩から聞いた「絶対に儲かる方法」を教えてくれました。

その先輩はこの方法で20万円稼いでスイスに旅行に行ったらしいです。

 

絶対に儲かるなんてスバラシイ。しかし果たしてそんなうまい話があるのでしょうか。

 

f:id:michimasagoroshi:20170220230957j:plain

 

 ・目次

 

 

オンラインカジノ

どうやらネット上にはオンラインカジノといったものが存在するらしいです。

そこでは公正なルールのもと外国為替でカジノが楽しめるそう。

 

f:id:michimasagoroshi:20170220231210j:plain

 

ブラックジャックやポーカー、バカラなど色んなゲームがあるそうですが、今回使うのはバカラです。

 

 

バカラとは

バカラというのはカジノのゲームの一つで、二人のプレイヤーが2~3枚カードをめくり、下一桁の数字が9に近い方が勝ちというシンプルなゲームです。

 

しかし実はプレイヤーとして参加するのではなく、二人のプレイヤーのうちどちらが勝つか、もしくは引き分けかを予想するというゲームなのです。

 

引き分けを除くと、どちらかが勝つ確率は約45%

 

 

バカラの性質を生かした必勝法

片方が勝つ確率は45%、これを約1/2と考えます。

 

そしてここからは賭け方の話になります。

 

"絶対に1ドル勝つまでやめなければ負けない"

 

これが必勝法です。

 

 

1/2の確率で当たる賭けなら何回かやれば確実に当たります

負けたら負けた分をカバーできる配当を計算して賭ければよいのです。

これで所持金は減ることなく増えるばかり。

 

賭け方としてはこうです。

(計算を単純にするため配当は1倍にします)

 

まず1ドル賭けます。

ここで当たれば2ドル獲得なので賭け金の1ドルを引いた1ドルが利益です。

 

外れた場合、次は2ドル賭けます。

ここで当たれば4ドル獲得、最初に外れた1ドルと今の賭け金2ドルを引いた1ドルが利益。

 

また外れた場合、次は4ドル賭けます。

当たれば8ドル獲得、1+2+4ドル引いた1ドルが利益。

 

こうして賭け金を倍にして何度も1/2に挑戦することで、確実に1ドルの利益を出すことができます。

 

勝つまでやればお金が減ることがなく、増えるばかりですね。

増えたところでやめれば負けることはないのです。

 

どうですか?

これであなたも確実に億万長者です。ようこそこちら側の世界へ。

 

 

実際に確率を計算してみた

用意できる金額によって確率は変わってきますが、元手は100ドルとします。

そしてこれを200ドルにすることを目標として計算してみます。

(配当1倍、当たる確率50%で計算)

 

 

試行回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 1 2 4 8 16 32 64
配当 2 4 8 16 32 64 128
累計損額 1 3 7 15 31 63 127
利益 1 1 1 1 1 1 1

 

簡単に表を作ってまとめてみました。

累計損額は今までの賭け金の合計です。

 

この表から、元手が100ドルの場合試行できる回数は6回だということがわかります。

27回勝った場合127ドルになるので試行回数が1回増えますね。

 

6回のうちに1/2を1回でも当てる確率は63/64。

7回のうちに1/2を1回でも当てる確率は127/128。

これを踏まえて一回も負けずに100ドルが200ドルになる確率を計算すると...

 

{(63/64)^27×(127/128)^73}×100=

 

36.789%という結果になりました。

 

さらに今回の計算では50%で計算していますが実際には約45%、さらには換金の際などの手数料を考えるともっと効率は悪くなります。

 

これなら100ドルを片方に全BETする方が可能性がありますね。

 

 

まとめ

1/2という確率は高そうで低いということですね。

しかし話だけ聞くと儲かりそうな気がするのが怖いところ。

皆さんも気を付けてください。

 

 

このゲームには...必勝法はない

f:id:michimasagoroshi:20170220230151j:plain

 

でもうまい話があれば是非教えてね!!!