センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスあるブログ名が思いつかない僕たち。

ブログで息抜き、どうですか?

【最強コンビニ決定戦】大手コンビニのポイントカードを比較してみた

スポンサーリンク

こんにちは。コンビニのホットスナックをこよなく愛するみちです。

 

今のご時世、たくさんコンビニがありますよね。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートミニストップ...

 

それぞれコンビニには特色があって、どこに行こうか迷います。

そこで今回はポイントカードという観点からコンビニを比較してみました。

コンビニを利用する際の参考にしてもらえればと思います。

 

 ・目次

 

セブンイレブン

f:id:michimasagoroshi:20161212193303j:plain

コンビニ最大手と名高いセブンイレブン

セブンイレブンいい気分とはよく言ったものです。

しかしセブンイレブンのポイントカードと言われてパッと思い浮かばない人も多いのでは...?

そんなあなたのためにまとめてみました。

 

ポイントカード

まずセブンイレブンのポイントカードは電子マネーnanaco(ナナコ)

他社のポイントカードと比べて、電子マネーという形式上チャージが面倒だと言う層(僕とか)はあまり縁がないかもしれません。

 

還元率

気になる還元率は100円(税抜)につき1ポイント。還元率は良いですね。

またプラスで対象商品をお買い上げの方にキャンペーンによるボーナスポイントがつきます。

こういうキャンペーンがあると普段飲まないお茶とか買ってしまいがち

 

ポイントの使い道

nanacoポイントは電子マネーとして1ポイント=1円に交換して使うことができます。交換手数料は不要。

ただし自動で交換されるわけではなく、店舗側に申し出る必要があるようです。

そのまま電子マネーとして利用できるのはnanacoならではですね。

 

提携店舗

セブンイレブンの他に、イトーヨーカドーデニーズ、SEIBU、SOGOなどがあるようです。

最近めきめきと力をつけてきている印象があります。

 

 

ファミリーマート

f:id:michimasagoroshi:20161212193747j:plain

「あなたと、コンビに」でお馴染みのファミリーマート

ファミチキなどヒット商品も多くホットスナックの充実度は高いです(個人の感想です)。

 

ポイントカード

ファミリーマートのポイントカードはTポイントカードです。

Tポイントカードは汎用性が高いため、持っている方も多いのではないでしょうか。

 

還元率

気になる還元率は、200円(税込)につき1ポイント

セブンイレブンと比べると若干低い気がしますね。

しかしここで注目したいのが「ファミランク」というシステム。

1ヶ月間に5,000~14,999円買い物した人はシルバーランクで翌月のポイントが2倍

15,000円以上買い物した人はゴールドランクで翌月のポイントが3倍となるのです。

何このシステム。わくわくする。

でも果たしてファミマで月に15,000円使う人っているのでしょうか

 

ポイントの使い道

貯まったTポイントは、1ポイント1円として使えます。

部分的な利用もできるので、端数だけポイントで支払うことも可能です。

また、商品交換キャンペーンもあり、抽選で宝くじが当たるという抽選の抽選のような使い道もあれば、お刺身や黒毛和牛ともれなく交換できたりもします。

詳しくは公式サイトをチェック。

 

提携店舗

提携店舗が多いのもTポイントカードの魅力。

主な店舗としてTSUTAYAマルエツ三越伊勢丹、ウェルシア、ドラッグイレブン、ガスト、エディオンなど名だたる提携店舗の面々が揃っています。

もはやTポイントカードは必須ですね。

 

ローソン

f:id:michimasagoroshi:20161212193825j:plain

「ポンタ」でお馴染み、ローソン。個人的にパンが美味しいと思います。

しかしポンタって絶妙な可愛さのキャラクターですよね。

余談ですがポンタの好物は日本茶だそうです。この設定いる?

 

ポイントカード

f:id:michimasagoroshi:20161212193926g:plain

ローソンのポイントカードはPontaカード

愛らしいポンタがデザインされたカードです。

余談ですがポンタの特技はジャグリングだそうです。この設定いる?

 

還元率

pontaカードは100円(税抜)の買い物ごとに1ポイントが付き、さらに対象商品を買うと、ボーナスポイントが付くというシステム。

以前までは来店ポイントというシステムがあり、一回の清算ごとに1ポイント付加されるシステムがありました。(現在は廃止されています)

僕が幼いころ、

うまい棒1本だけ買って出入りを繰り返せばめっちゃポイント貯まるんじゃね!?」

平成の諸葛亮孔明と言っても過言ではない作戦を思いついたものですが、来店ポイントが廃止されたということはそれを実行に移した不届き者がいたのかもしれません。

 

ポイントの使い道

pontaポイントは1ポイント1円として利用できるほかに、店頭のloppiで「お試し引換券」という商品の無料引換券に交換したり、懸賞に応募したり、ポンタグッズと引き換えしたりすることができます。

お試し引換券は税込130円相当の商品を50ポイントで引換できたりしてちょっとお得です。対象商品は月ごとに変わるため要チェックです。

 

提携店舗

H.I.S.JALなど旅行関連の会社や、ポイントでUFOキャッチャーが楽しめるSEGA、GEO、たまに無性に行きたくなることでお馴染みのケンタッキーなどがあります。

 

 

まとめ

ポイントカードは持っていても、ポイントの還元率使い道までは知らなかったという方も意外と多いのではないでしょうか。

今回紹介したカードは無料で作れるので気になった方はぜひ作って使ってみてください。

お得なポイントカードライフを!

 

f:id:michimasagoroshi:20161212193941j:plain

広告を非表示にする